*

マイナスがプラス

どこにでもある初心者用のFX取引の書籍では「損失を被った時にはナンピン買いで全体の平均の価格を下げることができる」と助言されている事もありますが正直に言うとそれは隠れたリスクが潜んでいます。

 

まず、ナンピン買いの手法について述べます。

 

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$買いなので、ドル高に動くほど利益が出るわけだが思っていたのとは逆に1ドルが95円まで円高・ドル安に推移したとします。

 

そのままの状況で保持し続けたとしたらプラスになるためには、損失分、円安ドル高に動く必要があります。

 

損失は早急に戻したいと願うだろう。

 

このため最初にエントリーしたのと同じ分の$(ドル)を95円で買い増しする。

 

これで、全体の買い付け単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。

 

言い換えると、2円50銭の幅でドル高に向えば赤字を失くすことが出来ます。

 

それが、ナンピンの仕組みです。

 

このとおり、ナンピン買いの理屈を耳にすると、「もっともだ」と考えるが、市場は易々と問屋を卸してくれない。

 

そもそも、1ドル95円が底だということなど分かりません。

 

もし、為替相場が強い円高ドル安基調だったら95円では下げ止まらずに、更に一段の円高ドル安が進むリスクがあります。

 

仮に、1ドル=97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高が進んだらナンピンしたポジションについても、損失が生じます。

 

その状況では、最初に保有したポジションと同時に、より大きなマイナスを被ります。

 

このように、ナンピンは難しいです。

 

であるなら、為替相場が自分自身のストーリー展開とは逆の方向にどんどん進む場合どのような方法でリスクを避ければいいのでしょうか。

 

ここで選べる道は多くはありません。

 

ひとつは潔くあきらめて、損を確定する事です。

 

ふたつめはその時に、保持している買いポジションを減らす事でもう一度外国為替市場が元のようになるのを大人しく待ち望む事だけです。

 

後ろ向きな方法だと思う投資家もいます。

 

しかし、自分が保持している買いポジションに損失が生まれた場合、最も正しい手法はこれ以外にはないです。

 

言うまでも無く、机上ではナンピン買いを入れるという考え方も有効です。

 

だがナンピン買いは、あなた自身が損失を出している状態で、ポジションを減少させるどころか買いポジションを重ねていく手段です。

 

この考え方では、危険を制御することなどどう考えても無謀だと考えたほうがいいです。

 

ナンピンをし続ければその内マイナスがプラスになるかもしれません。

 

だが、その前に資金がマイナスになってしまいます。

 

次の記事も読んでね!!

  1. マイナスがプラス
  2. テスト


コメントする