*

相場をチェック

いよいよ始める時という段階では第一に下準備を横着してはいけません。

 

トレードを始める前であったら、場面を合理的に調査する事ができるゆとりがあります。

 

だがしかし、ただ一度売買の内部に飛び込んでしまうと何をしても見解が自分勝手なものになり時には冷静な判断が出来なくなるリスクがあります。

 

その分自分自身のメンタルが論理的な時に、ちゃんとした事前準備をしておくことが大切なのだ。

 

この"j事前準備"のためには、とにかく自分なりの台本を考える事から行います。

 

未来の投資環境はああだから、米ドルを売買するみたいな自らのストーリー展開を考えていきます。

 

次は相場をチェックしましょう。

 

これまでのレートの上下動を見極めて、今の相場を確認します。

 

そうすると、「現時点では結構高い水準だ」とか、「大方の仕かけているからこれから慌てて売り(または買い)しても今となってはなすすべがない」ということが分かってきます。

 

当たり前ですが今となっては売買するのが手遅れだなと思っていたらそこのところはすっぱりと吹っ切ることが肝心。

 

どうあがいても脚本を引き下げないで吹っ切らずに注文すると外国為替相場に跳ね返されてしまい、それどころか損害を受けることになる可能性があります。

 

ただ多くの場合では、事前に準備しているあなたなりのシナリオを考えているとすればエントリーがなすすべがないというケースにはなることはありません。

 

たぶん、本格的にマーケットが変動する前の状態のはずだからです。

 

更に、売買しようと思っているポジションの上下の動きを、きちんと見る事が大切です。

 

例として円安が進むという筋書きを作成したのであれば、該当する通貨の上下動に注目する事が大切です。

 

為替相場の動きを気をつけ始めた状況ではまだまだその通貨は明確に推移する様子を見せないで、小さな変動を繰り返しているだけだろう。

 

だけど、その上げ下げをじっくりと見ていると、あるポイントでゆっくりと、円安の方向へと為替相場が向い始めます。

 

そこでドル円のトレードします。

 

一般的に、ここまで緻密に準備を進めておけばその売り買いで稼げる率は割合高まるはずだ。

 



コメントする